東京で行ったいぼ除去と、その費用に関する話

2回目、手のいぼはウィルスが原因で液体窒素の治療

いぼ除去,費用,東京 / イボ治療と種類

すると、このいぼは前回とは異なりウイルス性のいぼとのことで、傷口から入り込んだウイルスが原因と説明がありました。
これはウイルス性なので他の部位や人にもうつる可能性があるそうです。
治療は手術ではなく、液体窒素を使って感染した皮膚を凍らせるという方法になりました。
1回では取り除くことができないため通院が必要で、結局完治までは2週間ほどかかりました。
この治療で参ったことは、周辺に大きな水ぶくれができたこととやけどによる痛みが続いたことです。
しかし、水ぶくれができるということはウイルスにしっかりとダメージを与えているということのようで、問題はないとのことでした。
ただ、右手なので左手よりも使用頻度が多いため、水ぶくれが破けてしまうことが何回かありました。
この水が他の部分に付いてしまうといぼが広がってしまうとのことで、常にガーゼで保護していたためいろいろと生活に支障があったことを覚えています。
そのうちにいぼはポロっと取れて完治しましたが、この治療の費用も合計して5千円程度でした。
最後は比較的最近ですが、背中にできたいぼを取りました。
これは始めはホクロかな、と思っていたのですが、日々大きくなり触ると痛みを感じます。
既に北海道に引っ越していたため過去にお世話になった病院ではなく、ネットで調べた総合病院の皮膚科を受診しました。

今日も皮膚科に行って、液体窒素で肘の疣焼かれたw
原因は傷口からウィルスが入ったみたい。
意外と痛い。

— 祭玉 (@saitama7031) August 9, 2019

1回目、異物が刺さったことが原因のかかとのいぼ2回目、手のいぼはウィルスが原因で液体窒素の治療3回目、悪性の可能性で広範囲に切除し細胞診断